FPに受かったらもらえる年収

FPの資格を取りたい、FP資格を使ってキャリアをにぎやかに変えていきたいと考えはじめたとして、その際に誰しもが気にかけるのは「収入がどれくらいになるのか」、ではないでしょうか。それは当然のことですね。

もっとも。FPの年収については、あまり詳しいデータが豊富に出てくるわけではありません。資格によっては詳細な年収の調査ができることもありますが、FPとなると人によっていろいろな場所で働いており、どうしても格差が生じてしまうようです。

比較的多数のFPがどれくらいの年収を得ているか? といわれたら、400~800万円くらいの間だと書いてもよいでしょう。多くのFPは金融関係の企業等に社員として就職しています。その会社の給与体系に従うことになりますね。もちろん年を重ねて長く勤続していれば年収は上がりますし、ベテランになったり要職に就いたりすれば会社員であっても年収1000万円を超えてしまうことはザラに出てきます。

それでは、独立するとどうなるでしょうか?  FPだけで独立しているケースと、ダブルライセンスをやっているケースでも変わりますが、基本的に独立するということは年収にさらに激しい差がつくことを意味します。低い場合を探せば失敗例にぶつかりますから、年収が300万円を割ってしまうケースも出てきます。しかし、安定した成功を収めた例を見つければ、年収は1000万円をはるかに超えてしまいます

高い年収を手に入れたい、高収入を安定させたい、そのような願望があるならやはりFPにとって頼りにできそうなのは「ダブルライセンス」でしょう。行政書士や社会保険労務士といった資格もまた、うまくいけば年収が数年で700~800万円を超えて、1000万円近くに上昇するチャンスがある資格です。仕事の内容等を慎重に考えて、戦略を立てることがそのためには必要となるでしょう。



私がおすすめする最も効率的なFP資格取得法は≫ こちら ≪