ダブルライセンス取得は同じ講座で

FPとほかの資格のダブルライセンスをもくろむ際は、どうしても勉強時間や機会を確保することが重視されますね。

FPは2級とAFPまでであればあまり長期間を必要としません。しかし1級やCFPとなったら実務を経験しないといけませんし、ほかの資格の場合はもっと多大な時間がかかることも多いです。結局は、無駄のない勉強計画を立てないと話にならないでしょう。

このような事情から出てくるアドバイスは、「可能であれば、なるべくFPと同じ講座でダブルライセンス用の資格の勉強もしたほうがよい」ということです。もっとも、FPを受けたときの講座の質がよくないと話になりませんが。

しかし、FPの受験をしたときに、ひとつの通信講座で2級・AFP合格まですんなりといけた場合ならぜひその会社の講座で、ダブルライセンス用の四角の勉強も続けたほうがよいのではないでしょうか? 
講座を作成する会社にも、それぞれに個性があります。まるっきり異なる会社で受講すると、やり方が何もかも変わってしまいます。ただでさえ時間との戦いを繰り返さないといけないのですから、変えなくてよいところは変えないほうが無難でしょう。
もともとFPだけを教えている通信講座会社はほとんどありません。通信講座会社はFPを開講しているなら、FPと似たジャンルの資格やFPと相性がよい資格の開講もしていることが常です。 その会社で開講している資格の中から、ダブルライセンスを計画するという方法だって、おそらくは合理的でしょう。



私がおすすめする最も効率的なFP資格取得法は≫ こちら ≪