FP(ファイナンシャル・プランナー)のダブルライセンス、主婦がやるとしたら

FP資格は、昔から女性に人気がある資格です。FPを使ったダブルライセンスを考える人の中には、当然のことながら女性はたくさん含まれていることでしょう。

女性の雇用でしばしばネックになるのは、家庭からの回帰でしょう。子供ができたら、自ら数年程度の育児優先を希望する女性は少なくありません。また、結婚後に特に深い考えを持たないまま主婦になったものの、子育てが落ち着いてきたら「主婦から社会復帰をしたい」と考えるケースもたくさんあります。

主婦の場合、資格の勉強をするにあたって、勉強時間の調整がしやすいという長所があります(あくまでも、人それぞれですが)。FPともうひとつの資格のダブルライセンスをやり遂げるには、やはり時間が必要ですが、それに成功した主婦の事例は、意外と多いものだとか

では、FP合格に成功した主婦たちは、どんな資格を選んでダブルライセンスをしているのでしょうか? 

≪社会保険労務士とのダブルライセンス≫

この資格も、やや女性が多い資格のひとつ。仕事内容も、年金や健康保険と主婦の興味をそそるものが多いようです。
開業と法人への勤務の両方の働き方が可能な点や、開業した際に顧客から受け取れる報酬に安定感がある点も、主婦好みなのかもしれません。

≪行政書士とのダブルライセンス≫

この資格のいい点は、働き方に融通が利く点。特に、フルタイムで働かなくてもよい主婦であれば、仕事を受ける量を制限して働くことも不可能ではありません。

≪日商簿記とのダブルライセンス≫

経理のような、昔から女性が多い職種での再就職を目指すなら、とても有用な資格。家計を預かる立場にある主婦にとっては、比較的取り組みやすい内容であることも見逃せません。



私がおすすめする最も効率的なFP資格取得法は≫ こちら ≪