仕事について

FPに受かったら選べる就職先

FP資格を活かせる分野は?

ダブルライセンス、というとだいたいの場合、独立して事務所を構えるといった働き方がイメージされるのではないでしょうか(企業等に就職する場合でも、2つ以上の資格を使って成功裡に導くという手はじゅうぶんに考えられますし、社内での仕事に2つ以上の資格を活用することだって考えられますが)。

ところでFPでダブルライセンスを目指す場合、資格を首尾よく手に入れてからいきなり開業するという流れには、あまりならないでしょう。
もともとFP資格は基本的に開業向きの資格だったわけではないですね。

それでは就職するとなるとどのような職場・業界が考えられるでしょうか? 

金融関係

FPといえば、証券会社や銀行をイメージする人がダントツに多いでしょう。
このほか、クレジット関係の企業等もこの区分には入ってきます。

保険関係

保険会社等も忘れることはできません。
特に独立したFPは、保険関係の仕事をやっているケースが今のところ圧倒的に多いです。

不動産関係

不動産も、資産運用といった観点で見ると重要なフィールドとなります。実際に、不動産会社においてもFPの果たす役割は甚大なのです。

なお、建設会社や建築会社も不動産とかかわりが深い世界ですね。そのためこれらの企業においてもFPの出番は常に存在します。

共済関係

保険と重なる部分が多い世界ですが、これらもFPのスキルが活かされる世界です。共済の場合は企業というよりも、何らかの組合といった組織になることがふつうですが。

その他

いわゆる商社、そして投資顧問会社や商品先物取引会社等も考えられます。
また、一般企業や官公署においても、財務や経理、人事等に関する部署に入るケースもあります。

FPの就職先はこうして洗い出すとかなり幅が広いことになります。
いったんどこかに就職をすることを考えるなら、こういった観点を持ちながら探すとよいでしょう。