FPの試験について

国家と民間、どっちを取得!?

FPは2種類あります

FP技能士試験には3級も存在していながら、前ページで、『初心者でもいきなり2級FP技能士試験を受けるべき!』と提案しました。
この理由は、日本のファイナンシャルプランナー(FP)資格の複雑な認定資格に起因します。

現在、日本で認められているファイナンシャルプランナー(FP)の資格には、2種類が存在しています。
国家資格である「FP技能士」と、民間資格である「AFP&CFP」です。それぞれの資格の概要を紹介しましょう。

国家資格:FP技能士

2002年4月に国家資格化され、厚労省が認定し(社)金融財政事情研究会(きんざい)が運営する国家資格です。
これには1、2、3級があり2級受検には3級合格者か2年以上の実務経験、またはAFP認定研修の修了者の条件が。

1級受検には2級合格者で1年以上の実務経験がある者、もしくは5年以上の実務経験がある者と規程されています。

民間資格:AFP&CFP

これは日本ファイナンシャルプランナーズ協会(以下、FP協会)より認定され、FP技能士より以前に資格化された民間資格。「AFP(アフィリエイテッドFP)」は、〝普通資格〟とされ、現在国内で約14万人が存在しています。

一方、「CFP(サーティファイドFP)」は、世界23の国と地域で認められ、 世界水準のサービスを提供できる〝国際資格〟。国内には16000人程しか存在していない上級資格です。
なお、CFPになるためには、AFPの資格所有者であることが必要なため、まずはAFPの取得が必須となります。

2級FP技能士とAFPを同時に取得!

このサイトで提案してきたのは国家資格の2級FP技能士資格です。しかし、金融業界的に広く認知されているのは、民間資格であるAFPのほうなのです。
しかも、CFPになるための条件としてAFPの有資格者であることが定められています。

となれば、「AFP資格を取得したい!」と思われるのは当然のこと。

もちろん、AFPも取りましょう!
いえ、2級FP技能士とAFPを別々に取得しようと言っているわけではありません。

学科と実技の同時取得を提案したように、このサイトでは、2級FP技能士とAFPの両資格を同時に取得することを提案しているのです!

「そんなこと可能なの?」なんて声が聞こえてきそうですが、それが可能なのです。