FPの勉強法

FPの試験におすすめの参考書

おすすめの参考書を紹介

FPの資格取得のための学習は独学が基本となります。自分にとって、分かりやすい参考書を選ぶことが大切となります。

参考書は書店に行って、手に取って確認するのが一番ですが、あまりにも種類が多すぎるため、選択するのはカンタンではありません。

そこで、口コミで話題の参考書を取り寄せてみましょう。
多くの合格者を輩出している参考書には、それなりの理由があるものです。

スッキリわかるFP技能士3級 (スッキリわかるシリーズ)

「スッキリわかるFP技能士3級 (スッキリわかるシリーズ)」は、試験対策にこだわった参考書です。
短期間で資格取得ができるように簡潔に説明しています。

要点を絞って解説しているので、スッキリと頭に入っていくのが特徴です。
初心者向けの内容となっているため、初めて金融に関する勉強をする方にも最適です。

FP技能検定2級学科試験対策マル秘ノート―試験の達人がまとめた94項目

「FP技能検定2級学科試験対策マル秘ノート―試験の達人がまとめた94項目」は、2級に挑戦する方を対象とした参考書です。
94項目にまとめることで、重要な範囲を集中的に学習できます。

参考書選びのポイント

参考書選びでは、なるべく図やイラストが多いものを選んでください。
問題集は学科試験と実技試験をカバーできるものにしましょう。本試験形式の問題を導入している問題集ならば、本試験のシミュレーションが行えます。